春のアオリイカを狙う、潮目を発見するコツ


潮目を発見する方法は?

 

 

潮目を狙うことは、海釣りではあたりまえです。
潮目は、海水が動くことによって現れます。

 

地形変化、流れのぶつかる場所など、何かがあるから起きる変化です。潮目では、流れの変化が起きますので、タックルに伝わる抵抗でも分りますが、なかなか発見は難しいです。

 

一番簡単に潮目を発見できる方法は、目視です。
目で見て分ります、昼間、明るい内に海を見ますと、海が白くなっている場所が筋のように流れています。

 

 

そこが、潮目です。
潮目には、ベイトがあつまりますので、それを捕食するアオリイカも寄ってきます。是非潮目を狙ってください。

 

 

Cut2014_0119_0359_38

 

 

この絵は、潮目が発生する場所を分りやすくした絵です。
引き潮の時、赤い星のあたりに潮目が出来ます。

 

二方向から潮が当る場所です。
ここには、遊泳力の弱いプランクトン、小魚が集まりますので、フィッシュイーターにとっては絶好の餌場です。

Cut2014_0119_0950_01

 

 

流れの変化だけではなく、水中の変化でも、潮目は起こります。
障害物に当たり、流れが赤の矢印のように変化して、海面に潮目として現れることもあります。

 

もちろん、このような場合でも狙います。
何もないところでも、アオリイカは釣れることはあります。

 

ただ、このような変化のある場所では、アオリイカが立ち寄り、変化には、しばらくアオリイカが足を止めます。変化を狙うことでアオリイカに出会う可能性を上げ、釣れる可能性をアップさせます。

 

エギングは、餌を使いません。ルアーフィッシング全般に言えることですが、集魚力は餌釣りより劣ります。アオリイカを釣る為には、こちらからアオリイカの居るであろう場所を発見して、狙う必要があります。